Olioli

olioli ロゴ
スペインの農園

“1 Olivo Por La Paz” 1本のオリーブの樹は平和のために
スペイン・バレンシアの持続可能な循環型農園で栽培
されるオリーブの実は、農場内の自社搾油所で
フレッシュなエキストラバージンオリーブオイルとなります。

ユネスコエコパークの搾油所

自然と共存するオリーブ園

Olioliはバレンシア州初のEUオーガニック専門の搾油所を持つブランドで、ユネスコエコパークに指定されている自然公園の中に位置しています。

一番重視されていることは「生物多様性」。動物、鳥、昆虫などがその生態に合わせて農園の至るところに生息しており、人間の都合でそれを妨げることはしません。それどころかオリーブの植えられている地面にはそれらの住処となる緑の草が生えています。これが地力を高め、オリーブの樹を介したネットワークとなって循環型の持続可能な農場が完成しているのです。

自然と共存するオリーブ園

Olioliはバレンシア州初のEUオーガニック専門の搾油所を持つブランドで、ユネスコエコパークに指定されている自然公園の中に位置しています。

一番重視されていることは「生物多様性」。動物、鳥、昆虫などがその生態に合わせて農園の至るところに生息しており、人間の都合でそれを妨げることはしません。それどころかオリーブの植えられている地面にはそれらの住処となる緑の草が生えています。これが地力を高め、オリーブの樹を介したネットワークとなって循環型の持続可能な農場が完成しているのです。

ユネスコエコパークの搾油所

伝統的なノウハウと最新の技術力の融合

搾油マスターでもあるGonzaloのオリーブにかけるその情熱は確かな技術に裏付けされています。伝統的なオリーブ作りにおけるマナーには常に敬意を払いながらも、圃場管理や搾油に最新の技術を取り入れることは忘れません。

土壌に埋め込まれた環境モニターは24時間で農園を監視しており、また自家搾油所では27度以下での低温抽出が厳格に守られていて、フェノール類の損失を最小限にとどめています。Gonzaloが調製する成分バランスの確かさは、多くの国際コンクールの中でも特に健康に関する受賞が多いことが物語っています。

gonzalo
gonzalo

伝統的なノウハウと最新の技術力の融合

搾油マスターでもあるGonzaloのオリーブにかけるその情熱は確かな技術に裏付けされています。伝統的なオリーブ作りにおけるマナーには常に敬意を払いながらも、圃場管理や搾油に最新の技術を取り入れることは忘れません。

土壌に埋め込まれた環境モニターは24時間で農園を監視しており、また自家搾油所では27度以下での低温抽出が厳格に守られていて、フェノール類の損失を最小限にとどめています。Gonzaloが調製する成分バランスの確かさは、多くの国際コンクールの中でも特に健康に関する受賞が多いことが物語っています。

olioliのエキストラ・バージンオリーブオイル

オレオツーリズム

Olioliは欧州をはじめ全世界からツーリストの受け入れを積極的に行なっています。ゲストは20haの農園や搾油施設とともに目前にオリーブの樹が広がるモダンなゲストハウスで、次世代に受け継いでいくべき自然の循環と保全を体験することができます。

そのハイライトは極上のエキストラバージン・オリーブオイルのテイスティング。ボトルからやわらかな黄金のオイルが注がれる時、フレッシュでありながらふくよかで華やかな香りが広がり、訪れた人々を魅了するのです。

オレオツーリズム

Olioliは欧州をはじめ全世界からツーリストの受け入れを積極的に行なっています。ゲストは20haの農園や搾油施設とともに目前にオリーブの樹が広がるモダンなゲストハウスで、次世代に受け継いでいくべき自然の循環と保全を体験することができます。

そのハイライトは極上のエキストラバージン・オリーブオイルのテイスティング。ボトルからやわらかな黄金のオイルが注がれる時、フレッシュでありながらふくよかで華やかな香りが広がり、訪れた人々を魅了するのです。

olioliのエキストラ・バージンオリーブオイル

Javier Mariscal

Javier Mariscal (ロゴデザイン)

バレンシアで生まれ、バルセロナで活躍する世界的デザイナー。伝統的な地中海カルチャーを斬新なアイデアで表現することを得意とするのはOlioliの精神とも重なる。1992年バルセロナオリンピックのマスコット「Cobi」は彼の代表作。


国際コンクール受賞歴(2019-2020)

初エントリーのOlive Japan 2020国際オリーブオイルコンテストでは、見事に金賞(コルニカブラ種)、銀賞(アルベキーナ種)を受賞しました。

Olive Japan 金賞 銀賞