LivesOlives

農業者としての矜持、畑に向き合う姿

LivesOlivesのオリーブオイルの非凡な品質を支えているのは、オリーブ畑の栽培管理を一人で担っているJavier(ハビエル)の生産者としての熱意に他なりません。

50ヘクタールもの広大なオリーブ畑は、彼の研ぎ澄まされた感覚によってその状態が常に把握されています。天候が良い日に彼と連絡をとるのは大変困難なことです。なにしろ携帯電話が通じない農地で、日の出から日没まで作業に没頭しているのですから。

農業者としての矜持、畑に向き合う姿

LivesOlivesのオリーブオイルの非凡な品質を支えているのは、オリーブ畑の栽培管理を一人で担っているJavier(ハビエル)の生産者としての熱意に他なりません。

50ヘクタールもの広大なオリーブ畑は、彼の研ぎ澄まされた感覚によってその状態が常に把握されています。天候が良い日に彼と連絡をとるのは大変困難なことです。なにしろ携帯電話が通じない農地で、日の出から日没まで作業に没頭しているのですから。

1stセレクションだけが “LivesOlives”に

収穫間際になると、その広大な畑の中からその年に出来の良いオリーブの樹を選抜し、自らのブランドであるLivesOlivesとして搾油するのはそこから収穫された実に限ると決めています。その量は全体のたった20%以下。

その他の2ndセレクションに関しては地元の農業組合に卸し、別ブランドのオイルとして搾油されているものもあるのですが、そちらでさえ有名なオリーブオイルコンテストで金賞を受賞したことがあるとか…

1stセレクションだけが “LivesOlives”に

収穫間際になると、その広大な畑の中からその年に出来の良いオリーブの樹を選抜し、自らのブランドであるLivesOlivesとして搾油するのはそこから収穫された実に限ると決めています。その量は全体のたった20%以下。

その他の2ndセレクションに関しては地元の農業組合に卸し、別ブランドのオイルとして搾油されているものもあるのですが、そちらでさえ有名なオリーブオイルコンテストで金賞を受賞したことがあるとか…

何代も受け継がれた生態系とオーガニック

スプベティカ周辺にはオーガニック農家はそれほど多くはありません。そのような場所で、LivesOlivesはオヒブランカ種中心に10年前からオーガニック栽培をしています。

先祖から受け継いた畑には、古いものでは千年を超えているといわれているものもあり、そこには鷹やハゲワシ、うさぎ、いのしし、キツネなどの鳥や動物、各種昆虫、カエルなどが生物多様性を維持しながら生息しています。

ラベルのイラストには、彼らの棲家であるスプベティカ山脈と、オリーブを食害するミバエの天敵であるカゲロウが描かれています。

何代も受け継がれた生態系とオーガニック

スプベティカ周辺にはオーガニック農家はそれほど多くはありません。そのような場所で、LivesOlivesはオヒブランカ種中心に10年前からオーガニック栽培をしています。

先祖から受け継いた畑には、古いものでは千年を超えているといわれているものもあり、そこには鷹やハゲワシ、うさぎ、いのしし、キツネなどの鳥や動物、各種昆虫、カエルなどが生物多様性を維持しながら生息しています。

ラベルのイラストには、彼らの棲家であるスプベティカ山脈と、オリーブを食害するミバエの天敵であるカゲロウが描かれています。

LivesOlivesのライムフレーバードオイル

エキストラバージン・オリーブオイルにおいてフレーバーを加えるのは邪道、と思われている方にこそ、LivesOlivesのフレーバードオイルを試してほしいと思います。

オーガニック栽培のライムピールをプレミアムなオイルに練り込んだ、とてもナチュラルで清涼感溢れるこの商品は、これまでのフレーバードオイルというものへの概念を大きく変えてしまうこと間違い無しです。特に肉や魚料理の仕上げにさっとかけるのがオススメ。

LivesOlivesのライムフレーバードオイル

エキストラバージン・オリーブオイルにおいてフレーバーを加えるのは邪道、と思われている方にこそ、LivesOlivesのフレーバードオイルを試してほしいと思います。

オーガニック栽培のライムピールをプレミアムなオイルに練り込んだ、とてもナチュラルで清涼感溢れるこの商品は、これまでのフレーバードオイルというものへの概念を大きく変えてしまうこと間違い無しです。特に肉や魚料理の仕上げにさっとかけるのがオススメ。